soranokumoころころな日々

クリスマスローズ展

ここ数日昼中はずいぶん暖かく感じます。
tomoさんの言うとおり、いつのまにやら梅もずいぶん咲いて♪
風がかなり吹き荒れる日もありますが、『春一番』なのかな?
などと春の訪れを期待してしまいますね。
それでも三寒四温とはよく言ったもので、
突然まさかの雪が降ったりしてびっくりです。

さてtomoさんがほっこりするクリスマスローズといえば、
先日池袋のサンシャインシティにて
クリスマスローズ展』が開催されました。
我々のガーデンニングの師匠も出展されたので、
その関係もあって遠路はりきって行ってきました。

さっそく入場すると・・・





入場してすぐのコーナーにはクリスマスローズを使った
オブジェ(?)が何点か展示されてました。
が、個人的にはあまり興味のない『ふぅ〜ん』な感じ。。。
展示の演出のせいかなぁ・・・この雰囲気は必要なのか??

そんな疑問でスタートしましたが、最初のコーナーが終われば
ふつうにいろいろなクリスマスローズの種類が紹介されていました。

いよいよ師匠の作品が展示されているコーナー『待ちきれない春』
さてさてどこにあるかしらん・・・あっ!



あった!!
ありました〜♪



さすが師匠です!ステキ〜♪
『コケ』を使うのがお好きなようで、
今回もちゃんといました。
春らしい素朴で可憐な花々の共演もステキですし、
写真では伝わりにくいのですが、この小さい鉢の中に
大きい山、小さい山、谷や泉があったり・・・
ホントに見れば見るほど楽しくなります。
▼▼会場ではうまく撮れなかったので、後日師匠のアトリエで撮らせていただきました。



まるでひみつの森の入り口じゃあないですか!



小人になって遊びたくなるような世界です♪
写真には無いですがホントに泉もあるんですヨ!
十二分に先生の作品を堪能させていただきました。

もちろん他の方々の作品も楽しませていただきました。







ハンギングもいくつか展示されてました。



寄せ植えの展示はこのコーナーだけでした。
クリスマスローズを使っての『待ちきれない春』
皆さんステキでした。

それにしてもクリスマスローズにはいろいろな種類があるのですね。
会場で並ぶ花々を見て感心しちゃいました。

そんな中他の展示会で主役となるらしい『雪割草』を
紹介するコーナーがありました。
その花がまたかわいくて一目惚れしちゃいました。





こんな花が早春の野山で咲いてるかと思うと
ときめいてしまいます。

冬〜早春にかけて咲く花はホントに愛しいですね。

suga

Instagram
0
    soranokumoの"楽しい"  comments(0)
    冬のお庭

    3月。やっと暖かくなったと思ったら、
    今週はまた冬の寒さ予報。。
    あちこちで梅がもこもこっと咲いて華やかになってきましたが、
    冬は葉のない枝が冷え冷えとした印象で お庭もさみしいですね。

    先日、冬のお庭を歩いてみました。
    冷たい風に吹かれてゆれていたのは・・・


    2 006.jpg


    スノードロップ。なんて可愛らしい!!
    小さくて本当にまっしろなしずく形。
    その足元にはヒューケラ。

    ヒューケラといえば、
    東京駅八重洲口のグランルーフあの有名な壁面緑化に使われていました!
    1月に見てきましたが、いろいろな色の葉があざやかで綺麗でした。


    2 010.jpg


    そして これは・・・


    2 008.jpg


    クリスマスローズ!!
    クリスマスローズも さまざまな色や形のものがあるんですね。
    このまえ素敵なクリスマスローズに出会い思わず2鉢も買ってしまいました。


    2 012.jpg


    とても立派でお上品な白のクリスマスローズ。
    ひとつはめずらしい八重のものです!
    庭に植えてみようかとたくらみ中。。


    33 008.jpg

    33 009.jpg


    冷え症で寒がりで冬は苦手なのですが、そんな冬の屋外でも健気に
    頑張っている植物たちを見ると、なんだかほっとほっこりとします
    寒さを(一時的に!)忘れられて 明るいきもちにもなります。
    とはいっても、あたたかくて花いっぱいの春は やっぱり待ち遠しいな〜


    tomo

    Instagram
    0
      soranokumoの"楽しい"  comments(2)
      ハボタンのアレンジ
      冬の花壇におなじみのハボタン。
      ハボタンメインのハンギングバスケットを作りました。

      キャベツ型の「ザ・ハボタン」丸系、
      葉っぱがギザギザしているさんご系、
      茎の長いのは踊りハボタン…
      いまやいろいろな種類があるのですね!





      まるで薔薇の花のようなハボタン。
      ブーケのようにまんまるに。
      まあるく まあるく ○ ○ ○


      03.JPG


      色味をおさえてシックに 大人っぽくまとめてみました。
      くすんだ色や、グレイッシュな色が好きなんです。
      大きな株をポイントに ぎっしりと欲張り感満載。。


      02.JPG


      sugaさん作。
      黄色のビオラが素敵なアクセントで
      ぱっと明るくって かわいいですね〜!





      寄植えも ハボタンいっぱいで作りました。
      ハンギングと一緒に飾ると 冬の屋外が
      とってもはなやかになりました!
      友人へのバースデイカードに可愛らしく♡


      iPhoneImage.png


      寄植えは360°どこから見てもよいようにしています。
      ハボタンは4月頃まで楽しめるらしいので
      その日の気分にあわせてぐるぐるっとして
      春まで楽しみたいです♪

      tomo
      Instagram
      0
        soranokumoの"楽しい"  comments(0)
        花壇づくりのお手伝い その2

        めっきり寒くなってまいりました。
        気づけばもう12月も22日!!

        さてさて、前回草取り・剪定・植え替えの1か月後、
        花壇のようすはどうなったのか楽しみに見に行くと・・

        花々は植え替えや環境変化のストレスにも負けず、
        すこぶる調子がよさそうで、元気に咲いていました!




        △△白のかだん
        ▽▽赤のかだん




        さらにハボタンが加えられていて、冬のよそおいを増していました。
        冬の花壇も色のあるお花がたくさんあると明るい気持ちになります。

        前回の記事の最初の写真から順番にご覧になって、
        花だんの変化、分かってもらえましたでしょうか??
        花のある空間は明るく華やかで見ていて癒されます。


        癒されついでに帰りに植物のたくさんある農園へ。
        ポインセチアやシクラメンやハボタンなどなど、
        このシーズンならではのお花がたくさんありました。





        明るい黄色のバラを思わずパチリ!
        冬のクリスマスカラーやむらさきいろの花のなかで、
        「きいろ」はみずみずしく新鮮に感じました。
        ・・sugaさんもきっと好きだろうなあ、とも思って!

        tomo

        Instagram
        0
          soranokumoの"楽しい"  comments(0)
          花壇づくりのおてつだい その1

          わたしたちにはガーデニングの師匠と呼べる方がいます。
          草花のことはもちろん、仕事の姿勢や人生!などいろいろ語ってくださり、
          お会いするたびに刺激される頼もしい先生です。

          そんな師匠の現場のお手伝いを1か月前にさせていただきました。
          その花壇が今とてもキレイだと聞き、ちらっと見に行ってきました!


          1か月まえから順番に。。
          作業前の花壇のようすです。





          作業1日目。
          ぼーぼーの雑草と季節が終わったお花の処理。
          まわりの芝は、スコップとはさみでエッジをたててカットしました。




          作業2日目。
          花壇の奥のほうの木の形を整えたり、アジサイの剪定をしました。
          枯れた枝の処理だけでも大量で、4名で分担してひたすら作業。

          仕上げは花壇にお花を植えます!
          お花に語りかけて、たのしく植えるんです〜♪




          △△白のかだん 
          ▽▽赤のかだん




          植えたばかりでまだ元気のない花たちや、土の中にある球根が
          みんないきいきとしてくれますように。。
          心地よい疲れとともに作業を終えました。

          そして、1か月後の花だん――
          のようすは、、また次回にすることにします!

          tomo

          Instagram
          0
            soranokumoの"楽しい"  comments(0)
            石積み教室 その2

            自然な石を使った外構デザイン。
            なんとも表情が豊かになってステキですね!

            ・・かなり時間がたってしまいまいたが、
            今回のお話は、10月半ばに行われた石積み教室の第2回目です。
            お天気も良く、絶好の石積み日和となりましたー
            1回目に参加者全員で途中までだった作業の完成を目指します!

            前回教わったことを思い出しながら・・・
            さまざまな大きさの石から、次に乗りそうな形に近い石を選んできて、
            「これかなあ?」「やっぱりあっちじゃない?」

            しっくりいく形にするために、大きく切ったり、ちょっと削ったり・・
            ノミやコヤスケ、石頭などの石道具を使います。



            気がつけばわたしたちのまわりは石だらけ。
            『乗せてみる → 欠かす→ 削る →乗せてみる』
            を何回か繰り返すと、ぴたっと石が動かない瞬間がやってきます!



            側面をつみ終え、正方形の天井部分にも石を敷きつめていきます。
            石のパズルのピースをつくっていく感じ。
            あーでもない、とやっている間に、素敵な形の石がはめてあったり・・
            参加のみなさんの丁寧で素早くちゃくちゃくと進めていくお仕事っぷり。
            でも不具合は迷わずやり直す、といった姿勢にも感心しきりでした。

            わたしたちも石道具で思い通りの形に石が作れるようになったころ・・
            ようやく完成がみえてきました!夕日に照らされています。



            すばらしいー!! 石たちがきれいにおさまりました!
            自然石の無骨さがいい感じです〜
            丸2日間。何名かの力でやっと完成しました!
            この中でわたしたちが積むことができた石は少ないけれど、
            なんともいえない達成感を味わうことができました。

            今回このような場を与えてくださったおしゃ楽さん、
            わかりやすい説明で大事な道具も貸してくださった講師の方々、
            そして参加者のみなさん、本当にありがとうございました!



            自分たちでやってみて、あらためて職人さんには頭が下がる思いです。
            昔のお城の石垣職人の苦労にも、思いをはせてしまう石垣好きのわたし。。

            石を使ったこのようなオブジェを作ることはなかなかできないけれど、
            わたしたちもいつか、少しでも、現場で石を素敵に積めたらいいなあ。
            石道具、欲しいなあ。

            tomo

            Instagram
            0
              soranokumoの"楽しい"  comments(0)
              石積み教室 その1
               
              石が好きなわたしたち。
              自分たちでも石を積んでみよう!と、
              先月おしゃ楽さん主催の石積み教室に参加しました。

              石道具を見るのも、もちろん使うのも初めて。
              雨にも負けずがんばります!

              正方形の一面をそれぞれ積んでいきます。
              (われわれはふたりでひとり)
              石の顔の見方・座り具合、積み方を丁寧に
              教えていただきながら作業をすすめていきます。



              今回の石はカナダ産の石。
              置いてあるだけでも格好が良いです!

              いざ積むとなると・・・
              厚みも大きさもいろいろな石は選ぶのも一苦労。
              座りがよい形に割ったり削ったりするのも大変。
              でも苦労して、ぴたっと乗ったときは感動です。

              ひとつの石を積むのに時間がかかり、
              職人さんの苦労が身にしみてわかりました。

              今回は途中までで終了です。
              2回目につづく。。。

              tomo
              Instagram
              0
                soranokumoの"楽しい"  comments(0)
                CALENDAR
                S M T W T F S
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                262728293031 
                << August 2018 >>
                PROFILE
                SELECTED ENTRIES
                CATEGORIES
                ARCHIVES
                RECENT COMMENT
                ❖❖❖
                LINKS